『労務は先手』

高田はこう考えています。

どんなに素晴らしいビジョンがあって、どんなに儲かっていたとしても、企業の活動を実行する社員が会社に対して不安や不満を持っていたのでは、持てる力を発揮することができません。

そのために、会社が一番気をつけなければならない事。

それは、社員に言われてから対応するのでは遅い、という真実です。

会社は社員に対して、彼らがその能力を最大限に発揮できるよう常に気を配り、彼らの活動の後押しをしてあげなくてはいけません。

それが会社の使命としてビジョン達成への必須課題なのです。

高田はその専門家である社会保険労務士として、あなたの会社と社員の背中を押し続けます。

詳しくはこちらから。